子どもの歯並び予防~子ども矯正

当院の小児矯正治療は歯並びを治すのはもちろん、全身の健康を考えた、本当にお子様の将来のためになる治療を行っております。

歯列育形成

歯列育形成は、床矯正装置を使い、年齢の低い乳歯の段階から歯や歯並びを継続的に管理して、虫歯のないきれいな歯並びの子ども育てる矯正治療です。

子供には成長があり、それに伴い歯もあごも成長していきます。この成長を利用して、あごが適切な大きさに成長すると、歯並びもきれいに育ちます。

小児と成人の矯正治療の最も大きな違いは、お子様の成長を利用できるか否かという点にありますので、問題がある場合は早期の治療開始が望まれます

子どもの矯正治療は

矯正治療は7歳程度の低年齢児から行うことにより、歯並びが悪くなる原因をまず解決します。

歯がきちん生えるように、お子様の顎を正しい大きさにする治療を行うことで、抜歯矯正をする確率は大きく下がります。当院では、全ての歯が永久歯に生え変わるまでフォローさせていただいております。

治療は、患者さんご本人とご家族への説明を十分に行い、ご納得いただくことを重要視しております。虫歯予防も一緒に行える矯正治療を提供しております。

歯並びや噛み合わせを治すには長い治療期間を必要とします。その間、スタッフ一同がお子様と保護者の方との二人三脚でともにゴールを目指していきたいと考えております。

治療の流れ

初診時

まずカウンセリングでお子様の現在のお口の状態をしっかりとお聞きします

矯正治療の流れや費用のご説明をいたします。また、治療例もご覧いただいて、治療後の歯並びをイメージしていただけます。

来院 2日目

検査資料取りを行います。当院では矯正専用のレントゲン撮影を行って、上下額の大きさとずれ、顎の形、口元のバランスなどを正確に診断します。
また、歯型取り・口腔内スキャン・口腔内写真撮影を行って、治療前の状態を記録します。

来院 3日目

資料を分析した結果をもとに、お子様の将来のリスクや矯正治療のメリットなどをお伝えし、治療計画のご説明をします。

来院 4日目

お子様に合った矯正装置を実際に装着していただきます。装置の装着の練習、取扱い方、MFT (口腔筋機能療法) トレーニングの説明などを行います

来院5回目以降   その後の通院は1か月に1度程度

矯正装置が正しく作用しているか確認、調整をします。同時にMFT、お口のトレーニングの説明、歯磨き指導、口腔内清掃、フッ素塗布を行い、矯正治療中の虫歯の予防に努めます。

床矯正治療とは?

床矯正治療とは、取り外し可能な装置を使用し、殆ど痛みを感じることや歯を抜くことなく歯並びを広げたり、歯を動かすことにより歯並びを治療する方法です。

床矯正は、悪くなりそう、あるいは悪くなりかけの時に治療を開始し、より自然な歯並びを作ることを目的としているのが、最大の特徴です。床矯正は、7歳くらいに開始することにより、その優位性を生かすことが出来ますので、『歯並びがちょっとおかしいかな?』 と感じたら、すぐに診察を受けていただくことをお勧めします。

床矯正装置の治療目的

  1. 萎縮した顎を正しい大きさに拡大します。
  2. 歯を正しい位置に動かします。
  3. 後退している下顎を前方に誘導し、移動します。
  4. 舌などの悪習慣の是正をします。

基本的には一方向しか移動できないので、
顎を拡げる装置、歯を押し出す装置といくつかの装置を組み合わせて治療します。治療開始時期が早ければ早いほど治療が早期に終了します。

床装置の中にスクリューが装着されています。
ネジを【キー】で巻くことで、スクリューが移動して、床が拡大して顎を拡げたり、歯を移動したりできるのです。

上顎の成長が終わるまでに始めることが重要

子供の矯正治療の目的は、骨格的な改善とか、病気の予防とかあるんですけど、一番大事な脳の正常発育を促すというところです。

口で呼吸してるとか口がポカンと開いてるとか、つまり鼻呼吸じゃないと。いつも眠そうとか集中力がないとかいうお子さんがいらっしゃったら矯正治療をする必要があるかもしれません。

脳を冷やすために鼻で呼吸できるようにしないといけなくて、鼻呼吸するためには上の顎が広がってないといけません。上顎の上には鼻の穴があります。上顎がきちんと成長しないと鼻で呼吸がしにくくなってしまいます。きちんと骨を成長させるってのはすごく大事です。

脳は、普段は頚動脈から冷やしてるんですけど、イライラしたりとか眠くなったりするときに深呼吸すると思いますが、脳が暑くなってオーバーヒートしそうなってるから冷やしましょうというような意味合いがあります。脳が40度を超えると、どんどん固まってきて死んでしまいます。鼻の呼吸は脳の成長にすごく影響するのです。

子ども矯正のメリット

 歯並びが悪くなる原因のほとんどはあごが小さいことです。あごが小さいために、すべての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えてきたり、八重歯になったりします。普通の矯正治療ではこの原因に対するアプローチがなされず、便宜的に歯を抜くなどの処置で対応してきました。つまり対症療法 が行われてきたわけです。それに対して、子ども矯正とは従来の矯正治療では治すことのできなかった「あごの拡大」をしたり、お子様の癖を治したりすることができる原因療法です。(対症療法より原因療法の方がいいのは明らかです。) このことにより、抜歯をする可能性も大幅に下がり、お顔立ちもきれいになります。

よくある質問

床矯正装置は痛くないですか?

痛くありません。 たまに、装置が歯茎に当たって痛い場合がありますが、装置のネジを緩めるか、ご来院頂き内面を削合すれば大丈夫です。また、従来の矯正ですと、ワイヤーが当たって痛いこともありますが、床矯正ではそれもありません。

床矯正装置をつけてジュースを飲んでいい?

砂糖の入ったものを飲むと虫歯の原因になります。床矯正装置をはめて口にしていいものは水とお茶だけです。

体育の授業中はどうするの?

体育や音楽の授業においては装置を取り外したほうがトラブルを防ぐことができます。特にマット運動や跳び箱など、口元をぶつける恐れがある科目の時は装置の破損やケガの恐れがあるため、装置を取り外しておきましょう。水泳のときも紛失の可能性があるため装置は外して下さい。

矯正をする年齢はいつ頃からがいいですか?

小学生の低学年までの時期をお勧めいたしますが、成人の方でも治療可能です。
遺伝的な要因がある場合、早くやれば早く開始するほど治療効果が高いのです。
また、お子様の場合、中学生や高校生になると、受験やクラブ活動で忙しくなってきますので、小学生低学年からの時期を勧めております。
中学生、高校生、成人の方はインビザライン矯正で治療を行います。

小学2年生の子供ですが、反対咬合です。治療法は何がありますか?

反対咬合の程度が少なければ床矯正装置、中程度であれば3Dモジュール矯正、重度であれば インビザラインマウスピース矯正 になります。

子どもが小学4年生です。バネの見える矯正器具を子どもが嫌がるのですがいい方法はありますか?

4年生ですとインビザラインマウスピース矯正の適用年齢になりますので、インビザライン矯正をお勧めします。マウスピース矯正は透明なマウスピースで、ワイヤーなど目立つ装置えお使うことなく。ほとんど付けていることが分からない状態です。

小3の子供ですが、柔道をやっています。矯正器具で口の中が切れそうで心配です。大丈夫でしょうか?

コンタクトスポーツをされるお子様でも、マウスピース矯正は金具が無く口の中を傷つける心配はありません。また歯並びが良くなるとスポーツパフォーマンスが向上します。

小学生の高学年ですが床矯正で治りますか?

高学年ですと現在の不正歯列の程度にもよりますが、 床矯正のみで治療をするのは困難になってきていると思います。その場合は横方向の拡大が必要な場合は急速拡大装置を使い側方拡大し、前方向の拡大が必要な場合、軽度の場合は3Ⅾモジュール矯正装置、拡大量が多く必要な場合はインビザラインマウスピースを使い前方拡大をします。

型を取るときに粘土みたいなのを口に入れるのが吐きそうになってダメなのですがどうにななりませんか?

川村歯科クリニックでは口腔内スキャナーを使った従来の粘土みたいな型取りを行うことなく装置を作ることができます。型取りが苦手な方もご安心ください。

子ども矯正の費用は定額ですか?

歯列不正の程度により費用が変わります。年齢の低い時から始めると装置も簡単に済むので費用は少なくなりますが、永久歯の多くが歯列不正になっている場合、使う装置の数も多く複雑になるため費用が多くなります。

当院ではお子様のお口の状態に合わせていくつかの治療方法を用意しております。

多くのお子様に見られる不正咬合の原因のほとんどが上顎の発育不全です。永久歯が生え始める時期に床矯正装置による歯列拡大矯正を行うことで、上顎の本来の発育に近づけることができ、抜歯をほとんど行わずに健康な顔面の発育を促すことができます。

私達は矯正治療を通じてお子様の成長をお手伝いをさせていただきたいと思っています

最後には思い切り笑えるよう、笑顔に自信を持ってもらえるように努めています。

顎の成長の速度や歯の生えてくる時期には個人差がありますが、お子様の矯正治療はすぐに始めた方がいい場合もありますし、少し様子を見て判断した方がいい場合もあります。

大切なのは最適な時期を延ばさずに治療を始められるよう、早期の検診をおすすめしております。

お子様のマウスピース矯正(インビザラインファースト)

歯列がガチャガチャなったりとかした場合は、6歳7歳ぐらいから矯正治療を考えたほうがいいと思います。インビザラインファーストの適用は8歳9歳、成長遅い子で10歳11歳とかになりますので、床矯正治療で開始して、適用年齢になったらインビザラインファーストを開始するのがいいでしょう。

特徴はワイヤー矯正と、床矯正のどっちもいいとこどりをしたような装置がマウスピース矯正で、6歳臼歯が出てて、もう少し永久歯が出てきたぐらいからスタートになります。

インビザラインファースト はお子さんの矯正の場合は顎をきちんと広げてあげるのが目標になります。なぜなら、乳歯が残ってる時期でないと上顎口蓋の縫合に、この骨に割れ目(上顎口蓋の縫合)ができているところにカルシウムとか血流が入ることによって骨が成長していくんですけど、これが大人になると成長しないんです。

大人になったときに、顎の上成長があんまり良くないなと、顎が小さくなり、永久歯を抜かないと治らないってことが多々あるわけです。でもそれがこの割れ目(上顎口蓋の縫合)がある時期だったらまだ成長する可能性がありますから、抜かなくてもいいかもしれないです。

しかもここは大きくなると鼻の通りがよくなる。脳がきちんと働くかもしれないとそんなことが起きます。 インビザラインファースト は、この割れ目(上顎口蓋の縫合)を横に開くのと、縦に開くというところを目指してやってきます。


【費用】費用は歯列不正の程度により変わります

  • 歯列検査・診断料1期 ¥33,000
  • 拡大床装置 ¥77,000
  • 閉鎖床装置 ¥33,000
  • 3Dワイヤー装置 ¥77,000
  • インビザラインファースト1期 ¥451,000


このエントリーをはてなブックマークに追加

川村歯科クリニック