一般歯科

P22306451

一般歯科は、むし歯治療や歯周病の治療、抜歯、炎症処置、知覚過敏、義歯の作成などをさします。保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療が受けられる治療を一般歯科と呼ぶ事が多いです。しかし、保険制度には制約があり、同じ治療でも使用する素材・材料などによっては、保険適用外(自費診療)となるケースもあります。

ですので、治療を受ける際、治療法にはどのような選択肢があるのか、また保険適用外となる場合はどの程度の費用が必要なのかなど、わかりやすく丁寧にご説明いたします。患者さまがご納得、ご安心いただいてから治療をスタートいたします。

お子様も安心できる歯医者さん

歯医者が苦手な方でも、無理なく治療を受けられる。
そのような医院になるために様々な工夫を凝らしています。0歳から100歳までどなたでも安心して通い続けられる医院を作る事が私達の理想です。

当院の特徴は、「虫歯になる前に予防する」を徹底し、0歳のお子様でも受ける事の出来る予防歯科を実践している事です。虫歯や歯周病の予防は早めれば早い程よくフライングはありません。お母さんやお父さんも一緒に楽しく予防が出来ればほとんどのお子様には、ほとんどと言っていいくらい虫歯が出来ないので、ぜひご一緒にご家族で当院にお越し下さい。

 

治療が苦手な方へ

歯科治療が苦手な方の中には麻酔の注射針が苦手な方が多く、少しでも痛みを減らして欲しい言われます。そうした方の為に「表面麻酔(塗るだけで効く)」の後に極細の麻酔針を使用して麻酔をおこないます。すると、苦手だった麻酔を苦痛をほとんどなく受ける事が出来て、その結果歯科治療に対する苦手意識が薄らいだと言われる方がこれまでに多数いらっしゃいました。医院としては我慢を患重ねて治療を受けるのではなく、患者様が我慢をしなくても良い治療をおこなう事が大事であると思います。

 

最新の治療を受けられる

医院設備は最新の物を多数取り入れています。デジタルレントゲン、CO2レーザー、半導体レーザー、位相差顕微鏡、口腔外吸引装置、AED、その他。また、歯科界で話題の最新治療も有効性を確認した後に積極的の導入しています 。
当院で治療をご希望される方は多種多様な治療の選択肢を選べますので、治療相談をご希望の場合は受付までお気軽にお問い合わせ下さい。

予防歯科が保険適用されるようになりました。

川村歯科クリニックは「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に指定されました。


平成28年4月の保険改正により、以前は保険適用外の自由診療となっていた予防歯科治療が、一定の条件を満たした一部の歯科医院で保険適用されることになりました。
川村歯科クリニックはすでに認定を受けているため、以前では保険適用外となっていた
「虫歯や歯周病が進行するのを防ぐ予防治療」がこれまでより安い費用で気軽に受けられるようになります。
虫歯の進行が速いお子さんや、歯周病で将来歯を失うことが怖い方、少しでも健康な歯を残していきたい
高齢者の方等、どなたでもご相談ください。

予防のための、かかりつけ機能強化型歯科診療所とは?

厚生労働省が新たに定めた、むし歯や歯周病の重症化予防のための画期的な新制度です。
全国約70000件の歯科医院の2%が認定される予定です。
日本の保険医療制度を定めている中央社会保険医療協議会より

「50歳以上の人の約半数が歯周病によって抜歯している」
「不定期に通院している人ほど抜歯の本数が多い」
定期来院している人々は新しいむし歯の発症が少ない

という報告がありました。これを受けて厚生労働省は、これまでの「削って詰める治療、空いた時間に予防処置」のような治療優先型の歯科医療の在り方を改め、虫歯にさせない、歯を失わないための継続的な検査やメインテナンスが組織的に行える歯科診療所の要件を定め、この4月より運用を開始しています。

job_shikaeisei

バイオフィルムの危険性

虫歯や歯周病は、ある特定の細菌によっておこる。ということがわかってきました。
つまり、その 細菌を除去すれば、ほとんどの歯の病気はより確実に予防できるということです。

歯の表面に付着したプラークは「バイオフィルム」を形成します。細菌バイオフィルム内の細菌が、歯に影響を及ぼすと「虫歯」に、歯ぐきや骨に影響すると「歯周病」になるわけです。
このバイオフィルムは、うがいや水洗、簡単なブラッシング程度では除去できず、歯科衛生士によるスケーリングおよび、ルートプレーニングなどの、機械的な方法(PMTC)によってバイオフィルムを破壊することができます。バイオフィルムは、洗口剤や抗菌剤を透さないため、中の細菌には作用しません。


予防療法

予防療法とは、虫歯の原因であるミュ-タンス菌、歯周病菌を効果的に取り除く、予防システムです。

クリーニングを行なって歯の表面のバイオフィルムを除去したあとに、専用の薬剤を入れたマウスピースを5分間ほど歯に装着します。

砂糖の入っているお菓子や飲み物を摂取していても、すべての人のすべての歯にムシ歯が生じるわけではありません。

ムシ歯菌がいない人の場合にはムシ歯は発生しません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

川村歯科クリニック