新型コロナウイルス対策について

川村歯科クリニックの新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、より安全に歯科治療を受けていただけるよう様々な取り組みを行っております。

川村歯科クリニックでは、普段より院内感染対策は徹底しておりますが、新型コロナウィルスの感染予防対策として追加で行っている取り組みについてご紹介します。


常時行っている取り組み

新型コロナウイルスとは関係なく、日ごろから以下のことに取り組んでおります。

1:マスクと医療用手袋、ゴーグルの着用。
2:医療用手袋の患者さまごとの交換。
3:患者さま用のエプロン、コップは使い捨てのものを使用し、患者さまごとに廃棄。
4:治療器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
5:口腔外バキュームの使用。
6:診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
7:レントゲン撮影ごとの拭き取り消毒。
8:スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
9:診療室内での医療用空気清浄機の稼働。


新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み

常時行っている取り組みに追加して以下のことも実施しています。

1:フェイスシールドの着用
2:診療前後の抗菌水(EO水)での洗口
3:玄関、待合室への消毒液の設置。
4:ドアノブや取っ手、手すり、床等の消毒液による清拭。
5:待合室ソファの消毒液による清拭。
6:待合室への空気清浄機の設置。
7:定期的な換気。
8:待合室の雑誌やおもちゃ類の撤去。


患者様へのお願い
以下に当てはまる方のご来院は見合わせていただきますようお願いいたします。

・「37.5℃以上の熱」や「味覚嗅覚異常」のある方
・現在、同居する人に発熱の症状がある方
・過去14日以内に、海外渡航の履歴がある方
・過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある方
・新型コロナウイルス感染症状があり、体調不良が継続している

 口腔内の管理はウイルス感染への水際対策です

感染症予防のために大事なことは、体を清潔にすることです。
清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります。お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。
お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。
ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。
歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔内清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。

 電解酸性機能水(EO水)とは?

電解酸性機能水(EO水)は、副作用がなく薬剤耐性菌も作らない、間違って飲んでしまっても安全なお水です。エイズ、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス等のウィルスやMRSA、インフルエンザウイルス、緑膿菌、水虫、タムシ等の糸状菌、黄色ブドウ球菌、食中毒菌(O-157含)、黄色ブドウ球菌、カンジタ等のウィルスや細菌をほとんど瞬時に殺してしまう力があります。EO水は強酸性で、少し酸味がありますが、細菌やウィルス、体液、血液と反応した後、ただちに普通の水にもどりますので、人体にはまったく無害の安全な水です。
最近ではインフルエンザ予防のうがい、アトピー性皮膚炎、おむつかぶれ、等に幅広く使われています。

お分け致しますのでお気軽にお問い合わせください。

施設写真

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

川村歯科クリニック